賃金・退職金・就業規則・解雇・人事労務・サービス残業・労働時間・神奈川県横浜市・社会保険労務士事務所

〒220-0011 横浜市西区高島2-3-22 横浜OTビル6階
        TEL 045-451-6211 FAX 045-451-6231



ホーム
>クリニック経営者様




 これまで神奈川県横浜市を中心とした、いろいろなクリニックで院長とお話をさせていただきました。
 その中で皆様がおっしゃるのは「人の問題が一番大変」だということです。
 こんなことが大変だという代表的なものは
 ○職員の定着率が悪くて、1年ごとに変わってしまう
 ○最初は良かったが、3年も経つと横柄な態度をとるようになる
 ○職員同士がいがみ合って大変だ
 ○どうも良い人から辞めてしまっているようだ
 ○少しぐらいの残業は気持ちよくやってもらいたいものだ
 ○少し慣れてくると自分で勝手に判断してしまう。何度言ってもなおらない
 ○決められたことを守ってくれない
 ○募集をかけてもなかなか応募がない
 ○医療機関で働いているという自覚にかける
 ○午後勤務してくれる人がなかなかみつからない
 こんな感じでしょうか。まだまだあげればあるのでしょうが…。

 ある時、我慢しきれず爆発!なんてこともあるでしょう。そうなると職員さんもここぞとばかり
 愚痴の応酬で収拾がつかなくなります。
 こんな時は、「人事の専門家の第三者」を入れて解決するのがよろしいかと思います。
 (できれば爆発!する前に事前にご相談ください)

 これまでの経験から申しあげますと、円滑なクリニック人事の運営のための
 キーワードは次の3つではないかと思います。
 第一に「会話」
 第二に「納得」
 第三に「信頼」
 
 院長と職員さんの間に立って頑張ってくれる「管理職的職員さん」がいればよろしいのでしょうが、
 そういう方は簡単には見つかりません。
 第三者の立場でアドバイスする「クリニック経営に詳しい社会保険労務士」を活用してみませんか。
 他人にはなかなか話ができず、ストレスを感じていらっしゃる院長様、ぜひ、ご相談ください。

Copyright(C) 2006 市島徹社会保険労務士事務所, All Rights Reserved