賃金・退職金・就業規則・解雇・人事労務・サービス残業・労働時間・神奈川県横浜市・社会保険労務士事務所

〒220-0011 横浜市西区高島2-3-22 横浜OTビル6階
        TEL 045-451-6211 FAX 045-451-6231



ホーム
>お役立ち情報


若者の職業訓練、企業に月15万円 子育て対策も拡充へ

朝日新聞デジタル 1月9日(水)9時6分配信
 政府が、今年度補正予算案に「若者・子育て支援」として2200億円を盛り込むことが8日、わかった。失業中などの若者を雇って職業訓練した企業に、1人あたり月15万円を支給する仕組みを新設する。保育士を増やすため、1人あたり160万円分の学費を貸し付ける制度もつくる。

 若者の失業率は高い水準が続く。昨年11月時点(原数値)では全体が4.0%だったのに、15〜24歳が6.5%、25〜35歳が4.9%だった。

 目玉は、失業中や非正社員の経験しかない若者を雇う企業への支援だ。こうした若者を非正規で雇った上で、プログラムを作って訓練すれば、月15万円を最長2年間支給する。さらに正社員にすれば年50万円を最長で2年間支給する。対象年齢は35歳程度までにする方向で調整している。新制度のため補正予算案に600億円を盛り込む。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

職業訓練の企業に月15万円=失業中の若者雇用で、最長2年―厚労省

時事通信 1月9日(水)13時13分配信
 厚生労働省は9日までに、失業中などの若者を非正規で雇った上で職業訓練を行った企業に対し、1人当たり月15万円を支給する施策の検討に入った。支給期間は最長2年。訓練後、正社員として採用した場合は年50万円を最長で2年間支給する。失業率が高い若者の能力を高め、正社員化を促すことが狙いで、2012年度補正予算案に事業費として約600億円を盛り込む。
 これまでも企業に正社員化を促す支援制度はあったが、1人当たり月4万円、長くて3カ月のため、支給額は最大12万円にとどまり、効果が薄かった。今回の支援策は最も多い場合で4年間、460万円と大幅に拡充される。

 


Copyright(C) 2006 市島徹社会保険労務士事務所, All Rights Reserved