賃金・退職金・就業規則・解雇・人事労務・サービス残業・労働時間・神奈川県横浜市・社会保険労務士事務所

〒220-0011 横浜市西区高島2-3-22 横浜OTビル6階
        TEL 045-451-6211 FAX 045-451-6231



ホーム
>プロフィール


はじめまして、社会保険労務士の市島 徹です。
 これまでの社会保険労務士の経歴をご説明いたしますと、
平成14年  社会保険労務士試験に合格
平成16年9月  神奈川県横浜市に市島徹社会保険労務士事務所開業
 

 私に興味を持っていただくために、これまでの人生についてお話させて
 いただきます。
 神奈川県藤沢市で生まれ、現在も藤沢市の鵠沼海岸に住んでいます。
 幼少のころから父に野球を教えてもらい、藤沢市の小学校、中学校、
 そして、神奈川県立鎌倉高校を卒業し、あこがれの早稲田大学野球部に
 入部しました。中学1年生の時に他界した祖父から「お前は早稲田大学に
 行け!」と言われてたのをおぼろげながら、ずっと心の中に持っていました。 あこがれの早稲田大学のユニフォームに袖を通したときは、震えるほどの
 感動をしたことを今でも昨日のように思い出します。1年生の秋のリーグ戦
 から背番号をもらい、ベンチ入りしました。初めての登板は立教戦の先発投
 手でした。足は震える、ストライクは入らないという散々なピッチングでワンア
 ウトしかとれずに、降板しました。その時の立教の4番バッターは長嶋一茂
 選手でした。3塁打を打たれたことで全国放送のTVに背中だけ映りました。 レベルの差を痛感させられました。2年生になり、ロッテのエースで活躍され ました小宮山投手と二人でリーグ戦を投げ抜きました。1年生の秋のリーグ 戦でワンアウトしか取れなかった自分が何と、防御率1位になりました。人間 変われば変わるものだと実感しました。それでも自分が自分だとは信じられ ないくらいの夢のような感覚でした。4年生になり、エースとしてマウンドを任 されるようになりました。責任感とやりがいと入り混じりながら、充実した1年 を過ごすことが出来ました。4年間で通算18勝、4年生の春にはリーグ優勝 ベストナインを受賞しました。入学した時には考えられない大学野球生活を  送ることが出来ました。これもひとえに恩師の石井監督に出会えたことにつ  きます。人は出会った人からのパワーですごく成長できるのだな!と実感し  大変感謝しております。
 卒業を控え、社会人野球の名門チームのプリンスホテルから誘いをいただ
 いたのは、大変うれしかったです。朝から野球を出来る喜びと怪我をしたこと による挫折も味わいましたが、気がつけば27歳まで現役を続けていました。
 現役引退後は、野球部のチーフマネージャーを5年間務めました。
 野球部のマネージャーの仕事は、外部との折衝をはじめ、会社内の予算
 管理、遠征先の手配、スカウト活動、試合日程の調整等、多岐にわたって
 おりました。
 その5年間が私にとってはかけがえのない財産となっております。
 学生時代頂点を極めた選手でも、怪我をして挫折しそうになったり、また、
 壁にぶつかりなかなかレギュラーをつかめない選手を励まし、時には叱り、
 一体となってチーム作りに取り組みました。
 チーム(⇒会社)として必要なことを5つ挙げるとすれば、
 1.皆が同じ方向を向いている
   (優勝したい⇒会社を良くして自分達も幸せになりたい)
 2.当たり前のことをきちんとやる
   (グランドに入る前にグランドに一礼する⇒毎日、きちんと挨拶する)
   (グランド整備をする⇒会社内を掃除し、快適な職場環境とする)
 3.他の選手の動きを把握する
   (次のプレーに備えて会話する⇒他の社員の業務も把握する)
 4.失敗を恐れない雰囲気
   (思い切って勝負する、逃げない⇒違う仕事にもチャレンジする)
 5.選手全員を信頼する
   (監督は個々の能力を最大限ひきだす⇒上司と部下の信頼関係)
 そして最後に、喜び、くやしさ、苦労、感動を共感できる一体感があること
 ではないでしょうか。
 
 野球部が、平成12年廃部となり、私の野球人生も幕を閉じました。
 その後、ホテルの総務人事を2年間務めました。ホテルというのは、
 開業すると24時間365日休むことはありません。様々な形態で勤務する
 社員やアルバイト、そして外注さんと連携して運営していかなければなりませ
 ん。まさに野球と同じで社内の一体感がなければ良いサービスはできない
 のです。社員の皆にどうしたら頑張ってもらえるのか、組織の活性化を図る
 ためにはどうしたら良いのかを学びました。

 そして社会保険労務士資格取得を契機に退職し、社会保険労務士として
 活動していく道を選んだわけですが、私のコンサルティングの根底にある
 のは、これまでの人生で学んだ「組織を一体化する」ことにあります。
 一体化することができれば必ず業績は向上すると確信しております。
 これを実現するには「1歩踏み込んで」やっていく必要があると感じていま
 す。会社内に入り込んで、経営者様と社員の皆様と一緒になって汗を流し、
 業績向上のお力添えができればと考えております。

 
 

Copyright(C) 2006 市島徹社会保険労務士事務所, All Rights Reserved